社員インタビュー:IT戦略部 企画課

No.01

「業界に変革を起こす」
大きな挑戦にワクワク

2019年入社

IT戦略部 企画課 那須賢太

入社直前まではプログラミング経験もなかった

エンジニアとして働いていますが、実は入社直前までプログラミングの経験もありませんでした。大学では経営学部。もともとは海外事業に関わる仕事を志望していたものの、就活でいろいろ思い悩んだ結果、「海外へはいつでも行ける。その前に自分自身でものづくりをする経験がしたい」と考え、卒業直前の3カ月でプログラミングスクールに通いました。
Casaを選んだのはビジネスが魅力的だから。240万人のデータという「宝」を持ち、保証という枠を超えて「業界に変革を起こす」会社であると確信し、これからの戦略と大きな挑戦ができることにワクワクし入社を決めました。

IT戦略部 企画課の写真①

柔軟に受け入れてくれる「若さ」に魅力を

現在は基幹システムを作るミーティングに参加して、ガンガン意見しているところです。Casaは良くも悪くも、組織を作り上げている成長途上の段階。だから入社1年目のメンバーの意見にも耳を傾けてもらえる環境があります。
例えば僕が入社した頃は、IT戦略部のエンジニアもスーツ着用と決まっていました。そんなある日、社長との雑談のなかで「テック人材を増やしたいんだよね」と何気なくおっしゃったので、そこで「もっとカジュアルにドレスコードを変えましょう」と意見したところ、実際に私服OKに変わりました! 意見を聞いて柔軟に受け入れてくれる「若さ」があること。これもCasaの魅力だと思います。

IT戦略部 企画課の写真②

ユーザーに価値あるサービスを

今も引き続きスクールでプログラミングを学びながら、社内ではシステムの仕様を固めていく経験を積んでいます。エンジニアとしては、一通りのことを経験してみたいですね。いろいろなプログラムを書ける前提で設計したいし、ユーザーの要望をくみとって仕様に反映させていきたい。やりたいことはたくさんあります。 これから大家さんと入居者、さまざまなターゲットに向けたアプリをつくりたいです。
今までにないものをつくり、驚きと感動を与えられるようなエンジニアになりたいですね。一緒に「ユーザーに価値あるサービス」を考え、ワクワクできる仲間をどんどん増やしたいです。

Answer the question

仕事についてからプライベートまで、6つの質問に答えていただきました。

  • 休日の過ごし方は?

    資格、プログラミングの勉強、そして勉強が終わった後にダンスをすることとクラブに行くことです。

  • 仕事中の息抜き方法は?

    近くのオフィスビルのカフェでゆっくり休憩することです。本を読みながら気分転換をしています。

  • 自分で自慢できることは?

    英語が得意なことです。在日米国大使館でインターンをしていました。

  • 社内でびっくりしたことは?

    自分の誕生日に、遠い支店からも沢山のお祝いメッセージが届いたことです。離れていても温かみを感じることができました。

  • Casaの魅力は?

    「チャレンジできる会社」。自分がやりたいことをチャレンジさせてくれる環境があります。

  • 最近どこに旅行に行った?

    ポーランドに行ってきました。学生の頃から海外へ行くようにしています。語学力を高めるため日ごろから海外から来られている方には積極的に話すようにしています。