社員インタビュー:営業部 MAPA 主任

No.02

自分の言葉で
伝えたい

2017年入社

営業部 MAPA 主任 黒木真緒

「お客さま本位の仕事」は口先だけじゃない

私は現在、高級賃貸物件を紹介する「MAPA」というサイトからお問い合わせのあったお客さまへの仲介営業を担当しています。前職はアパレル業でした。お客さまの要望をつかんで応えるスキルを異業種で生かしたいと思い、賃貸仲介の世界へ転職しました。
Casaに入社してからは、研修時のOJTを通じて「口先だけじゃなく、本当にお客さま本位の仕事をしているんだ」と知りました。会社都合ではなく、本気で入居者さまのことを考える。そんなスタンスが私には合っていました。

営業部 MAPA 主任の写真①

時間をかけても、上司からうるさく言われることはない

賃貸物件の中には、紹介することで「広告手数料」が発生するものがあります。こうした物件は仲介担当からすればオイシイのですが、そればかりを紹介すると、お客さまの選択肢は狭まってしまいます。私は前の職場のときから、広告手数料にこだわらず、お客さまの希望を本当に叶える物件を一緒に見つけたいと思って仕事をしてきました。
理想の物件が見つかるまで、お客さまが望めば何回でも内見にお付き合いします。内見は時間がかかるし、忙しいときには時間のやり繰りにも苦労しますが、絶対に妥協しません。こうしたスタンスがCasaの考え方とマッチしたのだと思います。一人ひとりのお客さまに時間をかけて接していても、Casaでは上司からうるさく言われることはありません。

営業部 MAPA 主任の写真②

「この仕事をやっていてよかった!」と心から思える

ご契約いただいたお客さまには、「これからもCasaを選んでほしい」という思いを込めて、契約書と一緒に手書きのメッセージカードを必ずお送りしています。定型文だけのやり取りではなく、ちゃんと自分の言葉で気持ちを伝えたいんです。
ご高齢の方の引越しなど、お部屋探しだけではなく転居そのものに対する不安を抱えてご相談くださるお客さまもいます。そうしたお客様の引越しが無事に進んだときは、「この仕事をやっていてよかった……!」と心から思えます。今後もそんな場面を増やせるよう、心を込めて接していきたいです。

Answer the question

仕事についてからプライベートまで、6つの質問に答えていただきました。

  • 休日の過ごし方は?

    最近では家でネットフリックスやYouTubeを見たり、天気がいい日は散歩したりショッピングに行くことが多いです。

  • 最近どこに旅行に行った?

    家族で湯布院に行って温泉でのんびりしてきました。帰りに、くじゅう花公園というところに寄って、人生で一番綺麗なお花畑を見ました。みなさまに全力でおすすめしたい場所です。大分最高です!

  • 自分で自慢できることは?

    整理整頓が得意なことです。日常生活でもいらないものはすぐに捨てるようにしています。デスクトップ、フォルダ、机の上も綺麗な自信があります!

  • 社内でびっくりしたことは?

    クリスマスに社内で屋台が出たり、ケーキをワンホールいただけたり、入社してから社内行事の本格さにビックリしました。

  • Casaの魅力は?

    「愛が溢れる会社」です。誰かが困っていたら自然と声をかけられる、愛情と思いやりの心をもった人がたくさんいる会社だと思います。

  • 仕事に欠かせないマストアイテムは?

    お気に入りのボールペンと目薬とかわいい(重要!)ハンカチです。笑