社員インタビュー:業務管理部 審査課

No.04

販売からの転職で得られた「学び」と「目標」

2018年入社

業務管理部 審査課 岩﨑ちふみ

PCスキルだけじゃなく社会情勢などにも詳しくなれる

Casaへ入社する前はアパレルや化粧品の販売職でしたが、店舗現場でずっと働くイメージが持てず、オフィスワークへ興味を持ち始めました。不動産業界で、しかも審査課という未経験の分野の仕事を知って、「PCスキルだけじゃなく社会情勢などにも詳しくなれそう」だと感じたのが入社の決め手です。
審査課は入居を希望される方の審査業務を担う部署。独自に定めているマニュアルに沿って書類の項目を見たり、個別にお客さまへ電話してヒアリングしたりといった仕事です。部署全体では何百件という単位で日々審査依頼が届きます。

岩﨑ちふみの写真①

お引越しの背景を聞き、祝福の声をかけることも

場合によっては貯金額など、聞きにくいことを尋ねなければならないこともあります。「顔の見えない相手にいろいろ聞かれる」ことは誰でも不安だと思うので、電話口のやり取りであっても、なるべく私の顔をイメージしていただきやすいように心がけています。
例えば電話の冒頭でお引越しの背景を聞き、結婚や出産が理由であれば「おめでとうございます!」と祝福の声をかけることも。相手が高齢の方や外国人の方である場合は、ゆっくり話したり難しい専門用語をなるべく避けたり。そうして関係を築き、安心していただきながら話を進める方法は、周囲の先輩たちが実践している姿から学びました。声だけでも何となく相手の雰囲気をイメージできるのは、接客業の経験が役立っているのかもしれません。

岩﨑ちふみの写真②

やりたいことが漠然としていても、目標が見つかるはず

現在は仕事の幅を広げるべく、法人のお客さまの審査についても勉強しているところです。法人の入居審査では損益計算書や貸借対照表といった決算書類を見る知識も必要。学ぶべきことがたくさんあり、入社前にイメージしていたスキルアップに近づいています。
先々は人事部の仕事にも挑戦してみたいと思っているんです。Casaは部署間の異動も柔軟に進めていて、フランクに異動願を出せます。転職しなくても違う分野でキャリアアップできるから、「今はやりたいことが漠然としている」という人でも、きっと新しい目標が見つかるはずです。

Answer the question

仕事についてからプライベートまで、6つの質問に答えていただきました。

  • 休日の過ごし方は?

    最近は、お弁当のおかずの作り置きやお菓子を作ったりして、撮り溜めたドラマを見ながら過ごしています。地元の友人が遊びに来ることもあり、カウンターデザートのお店や美術館にも行きました。

  • 最近どこに旅行に行った?

    自分で企画して旅行に出ることがあまりありませんが、地元の京都に休みをゆっくり取って帰省しています。

  • 自分で自慢できることは?

    フットワークの軽さと、全部署に相談できる先輩や同僚がいることです。

  • 社内でびっくりしたことは?

    ランチにいったら上席の方とバッタリ会い、そのまま一緒にランチをしながら恋バナを聞いてもらったこと。(今まで、気兼ねなくフランクに上席の方と話せるのはCasaだけでした)

  • Casaの魅力は?

    「人の心がある会社」です。業務の中で、壁にぶつかっても、必ず先輩や同僚がフォローに入ってくれたり、声を掛けてくれたり。そういうことがお客様へも心をもって接することに繋がっていると思います。

  • 仕事中の息抜き方法は?

    コーヒーとチョコレートは息抜きのためのマストアイテムです。休憩室があるので、コーヒーとチョコレートでゆっくりしています。