社員インタビュー:営業部 営業1課 係長

No.05

プライドを持って
働く仲間を増やしたい

2016年入社

営業部 営業1課 係長 内田和也

業務効率化から、収益が上がるための提案まで

営業の仕事は不動産会社の課題を解決するために、サービスを提案すること。同じ不動産業界でも、会社によって考え方はさまざまです。競合も多く、単に「うちに切り替えてください」とお願いするだけでは通用しません。
だからこそ、Casaと取引するメリットを相手の目線で伝えるようにしています。お客さまの社内業務効率化や、収益が上がるための提案など、自分次第で実現できることはたくさん。それがこの仕事の難しさであり、やりがいでもあると感じています。

営業部 営業1課 係長の写真①

「内田くんだから任せるよ」と言われたい

私がCasaへ入社した決め手は社長面接でした。「我々はCasaの仕事にプライドを持っている」と熱く語ってくれて、その姿を「かっこいいな」と思ったんです。自分も同じように、プライドを持って仕事ができる人間になりたいと。
業界内では競合がどんどん増えていて、「うちならもっと安くできます!」と価格面でのメリットを強調するライバルも少なくありません。だからこそ私は、自分にしかできない価値を発揮していきたいと思っています。空室が多い物件に悩んでいる管理会社さんには、新たな入居者募集策を考えて提案することも。お客さまに「内田くんだから任せるよ」と言っていただけるような存在になりたいと思っています。

営業部 営業1課 係長の写真②

誰かの成長をサポートできる喜び

入社後、仕事に慣れてきた頃からは、他の人の仕事も積極的に手伝うようにしてきました。新しい領域の知識が増え、自身の成長につながると考えたからです。
そんな積み重ねがあったからか、3年目に係長に抜擢されました。後輩も増え、営業先へ同行したり一緒に提案したりすることに喜びを感じています。もともとは自分がグイグイ前に出るのは苦手でしたが、誰かの成長をサポートできる立場は案外、自分に向いていたのかもしれません。これからもたくさんのメンバーと関わり、プライドを持って働く仲間を増やしたいと思っています。

Answer the question

仕事についてからプライベートまで、6つの質問に答えていただきました。

  • 休日の過ごし方は?

    気分転換にドライブに行き、自然に触れています。

  • 仕事に欠かせないマストアイテムは?

    A4用紙とカラーペンです。取引先に提案するときや部下に教えるときに、よりイメージできるように、紙に書くようにしています。

  • 自分で自慢できることは?

    引きずらないこと。良いことも悪いことも次の日には残さないように毎日意識しています。

  • 社内でびっくりしたことは?

    10周年社員総会の規模の大きさです。ホテルの広い会場やタレント、ライティング、音楽、全部ストーリーになっていて、特に全社員の顔がスクリーンに写されたのは感動しました。

  • Casaの魅力は?

    「人のために働ける」会社です。ここまでお客様や取引先から感謝の手紙や声をいただけることはないと思います。

  • 仕事中の息抜き方法は?

    ホットコーヒーを飲むことです。特に良い商談ができた後に飲むコーヒーは格別の味です。